『腸内セルフチェック』募集開始!

投稿日時 2017/12/05 | カテゴリ: TOP

eクリニックでは、『元気120歳プロジェクト』の一環として、手軽に腸内細菌叢のバランスを確認でき『腸内セルフチェック(腸内細菌叢検査)』実施します。 

 ヒトの腸内には、1,000種類以上、約100兆個もの細菌が存在しており、「腸内細菌叢(そう)」、「腸内フローラ」などと呼ばれています。腸内細菌叢のバランス(細菌の種類や量)は個人によって異なり、食事や健康状態により変動するほか、免疫系や様々な体質、疾患と深く関係があることが示唆されています。

「腸内セルフチェック」は、あなたの便から微生物のDNAを抽出・解析し、
腸内細菌の種類やバランスを調べ、「腸内セルフチェックレポート」としてご報告します。

レポートを元に『解析・アドバイス無料講習』をeクリニックで行います。

  腸内セルフチェックとは? (岡本医師)

Q&A


検査方法は簡単!!    を提出してもらうだけ!!


【検査費】

通常検査価格40,800円(税別)
⇒ 一般  39,800円(税別)
⇒ eクリニック会員及びご家族  35,000円(税別)
※2回目以降の方は、3,000円割引

支払方法: 代引き
検査キットお届けの際、検査費用をお支払いください。
※検査キットの送料、代引き手数料はeクリニックで負担します。
※eクリニックへの検体(便)送付の送料はご負担ください。
 

【受付期間】 11月27日(月)~1月31日(水)  (定員になり次第、受付終了) 

※申込が規定数に達しない場合は実施を見送らせて戴きますので、予めご了承願います。

※キャンセルをされる場合には、1月20日までにお願いします。
(最終確認後のキャンセルは費用が発生する場合があります。)

※検査データは、eクリニックの研究資料として使用することがあります。 また、
個人を特定できない形で、WEBやセミナーにて公開させていただくことがあります。


【お申込み後の流れ】

  1. 検査実施の連絡
    2月初旬頃に実施(及び最終確認)または中止についてご連絡します。
    (実施の場合は2以降の流れとなります)
     
  2. 検査キット送付
    e-クリニックより、2月中旬に検査キットを代引きにて送付します。
     
  3. 検体の返送
    検査キット付属の容器に検体(便)を入れ、2月28日までに返送下さい。
     
  4. 検査結果の報告
    4月初旬ごろ、検査結果(腸内セルフチェックレポート)をお送りします。
     
  5. e腸内会の実施
    4月GW前に実施予定(ご案内を検査結果と一緒に送付します)

【参加予約受付中】

 


【Q&A】

▼ Q1 なぜ今、腸内細菌叢検査なのでしょうか?

DNA解析技術の進歩により、腸内細菌の調査が飛躍的に進化し、研究も急速に進み、さまざまな腸内細菌の謎が明らかになってきました。これにより、腸内環境と健康や多くの病(インフルエンザ・肥満・美肌・便秘・ガン・アレルギー・成人病等)との関わりも解かって来ています。
そして、自分の腸内環境の状態を知ることは生活習慣や食習慣を見直すヒントになるからです。

▼ Q2 この検査で何処まで解かるのですか?

現在の解析技術では、腸内に居る細菌(善玉菌、悪玉菌、日和見菌)のほぼ100%の菌種が判るレベルまで解析が進んでいます。

▼ Q3 検査機関は何処ですか?

タカラバイオ研究所が検査を受託。菌叢の割合や注目される細菌を検出します。

▼ Q4 価格の安い検査もあるようですが?

腸内細菌叢検査は、治療目的での実施が認められていません。解析した全てを開示することは治療の診断材料となりますので、価格の安いところの検査は、全ての検査結果を開示せず、善玉菌、悪玉菌の上位5種くらいの報告や日和見菌を報告しないなど検査結果の一部だけを報告しているだけなので比較的安価設定なのだと考えます。
(タカラバイオ研究所 担当者回答より)

▼ Q5 eクリニックの実施する検査はどこが違うのですか?

eクリニックの実施する腸内細菌叢検査は、研究を目的として実施致します。参加された皆様が研究会の一員として、後日実施する勉強会で自身の検査結果を元に検証することを目的としているので、検査で判る全てを資料として提供します。


 

ご不明な点は、eクリニック事務局までお問合せください。
06-6305-9629 (平日 10時~16時)






9割の病気は自分で治せる e-comment "おいしい患者にならないために"にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://e-comment.jp

このニュース記事が掲載されているURL:
http://e-comment.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=84