2017・秋 東京セミナー報告

投稿日時 2017/12/05 | カテゴリ: TOP

 

 

eクリニックセミナーは第61回目
11月11日東京での開催となりました。 

今回の東京セミナーのメインは、『がんサバイバーによる体験談』伊藤先生と浜のびわさんの御二人に講演していただきました!!

 

11月11日 誕生花:椿(つばき)
花言葉:控え目な愛


【午前】 『健康貯金』が貯まる16の習慣

午前は、岡本先生による『健康貯金』が貯まる16の習慣のお話し。

 

 

 

小冊子2冊貰いましたか?本日はこの中からクイズ出しますよ~!!
とはじまった岡本先生の午前講演。

  

・・・いつものことですが予定時間を超えて終了致しました。

岡本先生曰く、
『予定では、スタッフの段取りもあるので時間通りにと思ってたけど、
会場がもっともっとと“おかわり”を要求する眼差しなんで、つい白熱しちゃいました』
と相変わらずの患者ファーストww 


 【午後】 「私たちは、こうして生還した」

そして午後は、がんを克服された“がんサバイバー”たちの体験談。

 

eクリニックセミナーでの講演は初めての浜のびわさんと
関西から関東の方にもお会いしたいと遠征!伊藤先生のお話です!! 

先陣をきるのは浜のびわさん。乳がん歴11年。

常に頭にあった「あとどのくらい自分が生きられるのか!それまでどう生きるか!」という、生きることへの執着ではなく、生きている間の「生き方」にこだわった生き方とは?

 


悔いのない選択、その為に学び、情報を集め、決めたことは自信をもって実行する。結果がどうであれ、くよくよせずに切り替える!現状を受け止める。更に前に向かう。

 


経験からのちょっとしたポイント。
・信頼のおける情報先、相談者を持つこと。(担当医・eクリニック・患者会・サバイバー等)
・情報を見極め、選択の幅を広げてみること。
・経験者の話に耳を傾けてみる。でも人と自分が必ずしも同じではないことを念頭においておくこと。
・良いと思うこと、できることを実施し、不安や疑問を感じたら直ぐに相談すること。
・体に注意を払い、大切にすることで自分への新たな発見があるかもしれないこと。
・体に良くない飲食、付き合い、睡眠不足等は極力避けるようにすること。
でもしてしまったら、くよくよせずにそこから修正すること。
・辛い事が続いても、自分の意にそぐわない事があったりしても、
携わってくれているすべての人達に感謝すること。

皆さんのお役に立てるものを1つでも多く持ち帰って頂ける事を祈りつつ・・・(浜のびわ)


後半は、春に新大阪で講演した伊藤先生。

現在発症から9年が経過、再発もなく体調も良い状態を維持し続けている
伊藤先生が皆さんに伝えたいメッセージとは・・・・。

  

予定では、30分という限られた時間だったのですが・・・・。
入場曲の段取りに手間取った分、講演時間を自動延長され、結局50分間の熱演状態にww

でもとても大事な、素敵な言葉でした。

今回、どうしても言いたかった、伝えたかったのは、「死の話」
実はタブーではない。死をどう捉えるかで免疫力が変わってくる・・・。

死は怖いけれど、自分はなんの為に生きているのだろうと、生も死も両方、見ることで実は気楽になる。気楽になれるから免疫力があがる。

そんな自分(伊藤先生)が居ると思い出すだけで皆さんも気楽に元気になれる・・・と思う。

流石、ロッカー(Go My Way)、いつの間にか惹きこまれるお話しでした。 


【座談会と交流会】

午後の後段は、 スタッフ医師、サバイバーの方を交えた座談会からの交流会(フリートークの場)

 

そして、最後は皆で記念撮影 笑顔で〆、お疲れ様でした!!


【セミナーを終えて。。。(感想)】 
※名前の箇所をクリックしてください。youtubeが立ち上がってメッセージが聞けます。

サバイバースタッフ 
浜のびわさん
伊藤先生
水野さん(東京しゃべり場世話係)

スタッフ医師
水上先生
岡本先生&小島京子さん

 

 






9割の病気は自分で治せる e-comment "おいしい患者にならないために"にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://e-comment.jp

このニュース記事が掲載されているURL:
http://e-comment.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=88