9割の病気は自分で治せる! "おいしい患者にならないため"の

健康情報サイト

いいものばかりショップのご案内



無料メルマガ

e-comment運営者

NPO法人
「21世紀の医療・医学を考える会」

お問い合わせ

作成日:2008/09/14

適切なマルチビタミン・ミネラルを摂取する(2)


http://e-comment.jp/uploads/photos/35.gif サプリメントの種類

サプリメント(dietary supplement)には大きくわけて2つの種類があります。
1つはビタミン、ミネラル、ファイトケミカルの類(天然サプリ・・・狭義のサプリ)で、もともと体内にあるもの。
もう1つは、いわゆる健康食品(機能性食品)の類です。

 天然サプリ (ビタミン、ミネラル、ファイトケミカル)  もともと「体内にある」成分
 健康食品  もともと「体内にない」成分

この違いを混同されている方も非常に多いようですが、用い方がまったく違いますので、しっかりと区別してください。

前者のほうは、もともと体の中にあるものですが、現代人は相対的に不足していると考えられます。したがって、体内の細胞活性を高め(元に戻す)、結合組織を強固にするためには必需品と考えていいと思います。

後者は、絶対に必要なものではありませんが、3~6ヶ月程度摂取することによって体内に揺さぶりをかける作用があります。その揺さぶりで有為な遺伝子にスイッチが入り治癒力が高まることを期待します。

た だ揺さぶりをかけ、せっかく有意な遺伝子にスイッチが入ったとしても、細胞内環境、細胞外環境、結合組織が整備されていなければ、その揺さぶりが空回りに 終わってしまうと想像されます。したがって、健康食品の類を摂取する場合には天然サプリを併用したほうがベターだということです。

したがって健康食品はどうしても摂取しなければいけないというものではありません。むしろ安易に摂取しないほうが賢明だと思います。


http://e-comment.jp/uploads/photos/35.gif 良いサプリメントの選び方

サプリなら、あるいは天然素材ならどれでもいいかと言えばそうではありません。
むしろ、しっかりと選ばなければ摂取する意味がありませんし、場合によれば害(マイナス)になる場合もあります。

以下の項目に注意してしっかりと選択しなければいけません。

http://e-comment.jp/uploads/photos/36.gif 100%天然素材・無農薬
http://e-comment.jp/uploads/photos/36.gif 抽出に際しては純水、アルコール、天然の酵素などに限定している
http://e-comment.jp/uploads/photos/36.gif 高温加工処理をしていない・・・特にEPAやDHA
http://e-comment.jp/uploads/photos/36.gif 含有量は所用量ではなくて保健量を規準にしている
http://e-comment.jp/uploads/photos/36.gif 賦形剤(錠剤などの形に固めるために用いるよけいなもの)を極力使用していない
(特に化学合成された賦形剤を使用していない)
http://e-comment.jp/uploads/photos/36.gif コストパフォーマンスがいい
http://e-comment.jp/uploads/photos/36.gif 実績のあるメーカーである
http://e-comment.jp/uploads/photos/36.gif できれば医家向け
(医家向けとして広く認知されているものは、多くは安全性も確かめられ品質もすぐれています。ビタミン、ミネラル、ファイトケミカル(*1)を効率よく摂取するには格好のツールだと思います。)

注意しなければいけないのは、中にはサプリメント肝障害(*2)を引き起こしかねないほど杜撰な製品も数多くあるということなのです。
多くの方が安易に自分でチョイスしたサプリメントを摂取していらっしゃいますが、中にはサプリメント肝障害とおぼしき症状を発症している方も意外に多くいらっしゃいます。
それだけ杜撰な業者が多いということなのでしょうが、しっかりとその良し悪しを見分けることが重要です。
サプリメントを選択する際には、たかがサプリメントと侮らずに、できればサプリメントに精通した医師のアドバイス(指導)を受けるほうが賢明かと思います。

(*1)ファイトケミカル(phyto-chemicals)
近 年世界中で行われている非常に膨大な疫学的研究から、野菜や果物、穀物などの植物性食物の中には、ビタミンやミネラル、繊維、炭水化物、タンパク質などの 栄養成分の他に、微量だが、健康を促進し、免疫機能を高める極めて大事な成分があることがわかってきた。その成分とは植物中に自然に存在している「ファイ トケミカル」と呼ばれるもので、植物の色素や香りを構成している成分であり、光合成などで生じる活性酸素の酸化によるダメージから自らを守るための物質 で、動物では生体の恒常性(ホメオスタシス)、自然治癒に大きくかかわっているのではと考えられている。
世界の三大長寿村として知られるヒマラヤ 山麓のフンザの人達、中央アジアのアブハーズ共和国の人達、エクアドルのビルカバンバの人達にがんや心臓病が少なくて長寿なのは、彼らの食事が果物・野 菜・全粒穀物を基本としファイトケミカルを豊富に摂取しているためだと言うことが明らかになってきている。

(*2)サプリメント肝障害
ウイルス、薬剤、アルコールが原因でない肝障害を私たちはよくがん患者さんに認めます。摂取しているサプリメントを中止すると肝障害が軽快することから私たちはサプリメント肝障害と呼んでいます。

http://e-comment.jp/uploads/photos/35.gif サプリメントの有用性とがん

栄養素の不足を是正、体力の増進(細胞活性の促進)、免疫力の増進、抗酸化能の増進、血液循環の促進、消化吸収の促進と、具体的にその有用性の実体があきらかになりつつあります。

特に、がん細胞の転移(移動)に関しては、詳細にそのメカニズムが解明されてきていますが、ビタミンC、リジン、プロリンなどが、がん細胞の移動を有為に抑制し転移を抑える働きのあることも明らかになりつつあります。

さらに、そのビタミンCの働きにマルチビタミン・ミネラルが相乗的に働きかけるのではないかという年来の仮説も、多くのデータで実証されつつあります。



蛇足になりますが、マルチビタミン・ミネラル、ビタミンCは、がん患者さんだけでなくすべての人に有用だと思います。摂取する習慣が広まれば、病気が激減するに違いありません。

プリンタ用画面
前
適切なマルチビタミン・ミネラルを摂取する(1)
カテゴリートップ
健康寿命を延ばす方法
次
血のめぐりを良くする
Copyright (c) 2001-2008 e-clinic All Rights Reserved.
本サイトに掲載されている内容の無断転載は、ご遠慮願います。