姫マツタケ(アガリスク.ブラゼイ.ムリル)について



アガリクス茸というキノコは存在しません

正しくは「姫マツタケ」(アガリクス ブラゼイ ムリル)。

姫マツタケガンや生活習慣病に有効とされる「アガリクス茸」と通称呼ばれているキノコですが、アガリクスというのは世界中で数百種類も報告されている「ハラタケ属」全体の呼び名であって、正式な名称としてのアガリクス茸という単一種のキノコは存在しないのです。

そして、この「アガリクス(ハラタケ属)」の中で唯一、人間の免疫力を高める効果が学術的に証明されているものが、学名「アガリクス ブラゼイ ムリル」正式和名「ヒメマツタケ」と呼ばれるキノコです。

アガリクスと呼ばれるものの中で岩出菌学研究所の「姫マツタケ(岩出101株)」は、公的学会や学術雑誌で科学的根拠が証明されている菌株です。

姫マツタケの薬効・食効の証明

姫マツタケ(アガリクス ブラゼイ ムリル)は、1975年に岩出菌学研究所が世界で初めて人工栽培に成功させたキノコです。岩出101株という菌株からできた姫マツタケを、長年研究・分析を進めてきた結果、姫マツタケには抗ガン作用免疫力強化といった効果があることがわかってきました。

姫マツタケは、β-D-グルカンをはじめ数多くの成分をバランス良く含み、生体のホメオスタシス(恒常性維持機能)を調整することで様々な薬理効果を発揮し、人間の体を健康な状態に保つという、多彩なBRM(生物応答調整剤)様作用を持つキノコであることが、基礎・臨床実験によって証明されているのです。

姫マツタケ



姫マツタケ多糖体の特徴

姫マツタケ(アガリクス ブラゼイ ムリル)の多糖体構造には、姫マツタケ独特の特徴があります。それは、多糖体が多くのタンパク質と結合していることです。

多糖体はタンパク質と結合することにより、消化管から体内への吸収がよくなり、姫マツタケ(アガリクス ブラゼイ ムリル)の多糖体が食べたり煎じて飲んだりしても吸収できることを意味しています。

姫マツタケ(アガリクス ブラゼイ ムリル)のような構造を持たない他のキノコの多糖体は、食べたり、煎じて飲んでも体内に吸収されません。

ガンの治療では、レンチナンと呼ばれるシイタケの多糖体が使われていますが、消化管からの吸収が難しいため、注射により体内に注入します。

シイタケと姫マツタケ(アガリクス ブラゼイ ムリル)の多糖体構造の違い
レンチナン(シイタケ) =(1→3)-β-D-グルカン
姫マツタケ多糖体 =(1→6)-β-D-グルカン
3と6のわずかな結合様式の違いでも抗ガン作用機構は大きく異なる

臨床確認された抗がん効果

三重大学医学部・薬理学教室に研究留学していた王軍志博士(蘭州医学院修士課程卒業)を通し、姫マツタケ(アガリクス ブラゼイ ムリル)の研究成果を知った恩師の蘭州医学院院長、王鏡博士は、これらの基礎データをもとに姫マツタケ(アガリクス ブラゼイ ムリル)を患者に臨床応用しました。

姫マツタケ(アガリクス ブラゼイ ムリル)を消化器系ガン、肝ガン、慢性B型肝炎、急性非リンパ性白血病患者に投与してガンに対する有効性を検討したところ、基礎データの研究成果を裏づける成績が臨床においても認められました。

これらの成果は三重大学医学部との姫マツタケ日中学術共同研究として学会や学術雑誌で報告されています。

現代の難病中の難病といわれるガンに対しても姫マツタケ(アガリクス ブラゼイ ムリル)は、驚くほどの臨床効果を示す事が実証されました。

姫マツタケの薬効・食効とその有効成分

下表に示すように、姫マツタケ(アガリクス ブラゼイ ムリル)は、数多くの成分をバランスよく含み、生体のホメオスタシス(恒常性維持機能)を調節します。

抗腫瘍活性を発揮する他、肝障害改善作用、抗アレルギー作用、消化管運動亢進作用、脱コレステロール作用、血糖降下作用、ビタミンD2様作用など、多彩なBRM(Biological Response Modifiers:生物的応答調整剤)様作用をもつ食用キノコであることが、基礎・臨床実験により証明されています。

免疫力を高め、生体のホメオスタシスを正常に修復する姫マツタケは、まさに東洋医学的な側面をも有する、将来有望な免疫機能賦活性食品として注目されます。

有 効 成 分 薬 効・食 効
多糖体:
β(1→3 ) D- グルカン、キシログルカン、 β ( 1→6 ) D- グルカン - タンパク複合体、酸性ヘテログルカン、ヘテログルカンタンパク複合体、 RNA- 蛋白、糖蛋白(レクチン)ほか
*抗ガン作用
動物移植固型腫瘍、腹水型腫瘍
ルイス肺癌の肺転移抑制
自然発生乳がん・化学発癌
*免疫促進効果
ステロイド類:
エルゴステロール酸化誘導体
セレビステロール誘導体
水溶性成分
*制ガン作用
試験管内/ Hela 細胞増殖抑制作用
*アポトーシス誘導
食物繊維
不消化性β -D- グルカン、ヘテロ多糖キチン質など
*がん予防効果
多糖体(β -D- グルカン)、多糖蛋白複合体、 RNA-蛋白複合体 *血糖降下作用
食物繊維
リノール酸、パルミトオレイン酸等不飽和脂肪酸
*血圧降下
*コレステロール低下
*動脈硬化改善
*消化管運動亢進作用
エルゴステロールの光照射と加熱による *ビタミンD2様作用
蛋白多糖体 *肝機能改善作用
*肝障害抑制作用
水溶性成分 *抗アレルギー作用
*抗酸化作用

姫マツタケに放射線防御効果?

現在、放射線への関心が非常に高まっていますが、岩出菌学研究所と斉藤正好博士(千葉大学大学院医学研究院)の共同研究において、マウスを使った実験で姫マツタケに放射線防護効果があることが明らかになったとの報告があり、期待が集まっています。


・三重ふるさと新聞関連記事
岩出菌学研究所の『姫マツタケ』に放射線防護効果あり!

 

「いいものばかり」とは