発酵食品が免疫力を高める!

「いいものばかり」とは

どういうことかと言いますと、私たちと共生し、私たちの体のためにせっせと働いてくれている腸内細菌が喜ぶような食べ物をとると免疫力が高まるということです。 もっとも腸内細菌たちにとっていいものは、もちろん私たちにとってもいいものと重視するものがほとんどです。 なかでも特筆すべきは、腸内細菌たちのエサにもなるプロバイオティクスです。

プロバイオティクスとは、大半が微生物(細菌)と微生物の発酵代謝物質---平たく言えば、発酵食品です。 詳しいメカニズムはまだわかってないのですが、どうやら数にして100種類、100~300兆個あまりの腸内細菌は、 発酵食品が大の好物のようであり、発酵食品を食べるほどに、彼らは活性化するのです。

たとえばヨーグルトに含まれている乳酸菌。たいていは腸に至るまでに胃酸などに当たって死んでしまうのですが、これが腸内細菌たちのエサになります。 最近は、「生きたまま腸に届く」といううたい文句のものもあり、その場合は、腸内で生きたまま活動する乳酸菌が乳酸を生み、 大腸菌など有害な最近を攻撃することができます。 ただ、死んでしまった乳酸菌でも、腸内細菌たちのエサになることで、 結果的に腸内環境改善の役に立つのです。 したがって、発酵食品は、私たちにとっての栄養というよりも、むしろ腸内細菌たちにとっての栄養、と考えたほうがいいのかもしれません。

腸内細菌が好む発酵食品をとることで、間接的に、健康効果を得られることに繋がります。 最近ではこの腸内環境改善を考えた複合プロバイオティクスのサプリメントなども出てきていますが、発酵食品が苦手な人や旅先など発酵食品が取りにくい場合など、状況に応じて上手く摂り分けると良いでしょう。


<関連情報>


複合プロバイオティクスをいいものばかりで検索
「いいものばかり」とは