健康度チェック 解説その3

「いいものばかり」とは

 

あなたの健康度チェック!についての解説です。
健康度チェックがまだの方は、まずはこちらから>>

体が軽い

病気がよくなってきた人たちや、元気で長生きをされるお年寄りたちは、自分の体調をよく「体が軽い」と表現されます。もちろん、減量して(肥満が解消されて)実際に体重が適正値に戻ったという場合もありますが、体重にはさほど変化がなくても、体が軽く感じられる感覚そのものが心身共に良好な証とも言えます。

 

肉類や乳製品はほとんど摂らない

慢性病(生活習慣病)のほとんどは、食の欧米化と、便利になりすぎた環境による運動不足、大気汚染、水質汚染、放射能汚染が原因です。食の欧米化と便利さが、アレルギー疾患をはじめ、心疾患 糖尿病、高血圧、がんなどの生活(環境)習慣病を引き起こしていると言ってもいいかもしれません。

とりわけ、乳がん、前立腺がん、そして大腸がんや膵臓がんなどの消化器のがんは、肉類 乳製品の摂取習慣に因るところが大きいと言われています。

 

他人を思いやれる

他人に親切にできると言うのが、幸せと健康長寿の1つの大きなキーワードであることが最近明らかにされています。自身の心身に余裕がなければ、往々にして人は他人のことにまで気が回りません。逆に自身の心身が良好であれば、他人を思う余裕ができ、利他の気持ちも芽生えてくると思います。したがって、みんなが心身ともに健全であれば世の中は、今よりももっと住みやすくなるのかもしれません。

 


健康度チェック 解説その1
健康度チェック 解説その2
健康度チェック 解説その3
健康度チェック 解説その4


「いいものばかり」とは