高温多湿にご用心!

「いいものばかり」とは

 

腹式呼吸がいいかも!

いよいよ高温多湿の季節が到来・・・、いやな季節に突入しましたが、みなさんはいかがお過ごしですか?!

この季節は、とかく自己治癒力が低下しやすいので要注意です。高温多湿になると、体はことさら水分や電解質のバランスをうまくコントロールしていかなければいけません。  
しかし、生活が不規則な人、病み上がりの人、そして中高年者になると、その調節がなかなかうまくいかないのです。おまけにエアコンのききすぎや、エアコンがきいた室内と室外とを頻回に出入りすることによって、よけいに調節が難しくなり、自律神経バランスを崩すきっかっけになることもしばしば・・・。


そして、倦怠感、むくみ、食欲不振、意欲低下、 めまい、 下痢、便秘、あるいは、頭痛、発熱、などがあらわれることも。これが俗にいう夏バテ、ひどくなれば熱中症とあいなります。
もちろん自律神経バランスが崩れると、自己治癒力(免疫力)は一気に低下してしまうのは言うまでもありません。

私が通う老人ホームでも、体調を崩しやすいこの季節には、セルフ治療、特に水分補給と、湿度調節、そして腹式呼吸を勧めています。
そして最近よくメディアで取り上げられている抗コリン薬のチェックもぬかりなくやっています。

小まめな水分補給や湿度調節もちろんですが、夏バテや熱中症予防には、意外に腹式呼吸が効果的なことは、あまり知られていません。ちなみに腹式呼吸は、私たちが意識的に自律神経バランスに関われる唯一の手段でもあります。
できれば夏バテや熱中症になる前に、ぜひ腹式呼吸のくせをみなさんの日常生活の中に加えていただければと思います。

・・・要するにちゃんとセルフ治療をくせにすればいいということなのですが・・・。

ついでに、(詳しくはあらためて述べる予定ですが・・・)、この時期は抗コリン薬にも要注意です。痛み止め、風邪薬、アレルギーの薬、抗うつ薬、胃薬、そして多くの睡眠薬や鎮静剤が抗コリン作用を持つ薬です。こう言った薬は、副交感神経の働きを顕著に抑えることによって自律神経バランスを崩してしまいます。
・・・そうするともちろん自己治癒力は著しく低下してしまいます。
特に、自律神経バランスの崩れの影響をもろに受けやすい、お年寄りたちに取っては、抗コリン薬をこの時期に飲むことで命取りになることも少なくありません。お年寄りは抗コリン薬を避けるのが理想なのですが、あまり頓着のない医者も多いので注意が必要なのです。

文責:岡本裕


「いいものばかり」とは