『ご腸内のみなさん』ご機嫌いかがですか?


「いいものばかり」

かつては専門用語だった『マイクロバイオーム』、今や知らない人が珍しいくらい、いよいよそんな時代に突入です。まさしく『腸能力』を活かす時代と言えます。

さすが、以前から『腸能力』を強調してきたe-クリニックは先見の明がある!(笑)

心身の健康度を高め、オプティマルヘルスを保つには、『ご腸内のみなさん』つまり腸内細菌たちのご機嫌が重要であるということなのです。
病気を速やかに治すにも、病気にならないためにも、元気で長生きするにも、『ご腸内のみなさん』のご機嫌、すなわち腸内環境の健全さが非常にキーポイントとなります。

そして、その『ご腸内のみなさん』のご機嫌をすこぶるよくする手段は?!

生きた乳酸菌やビフィズス菌を補うこと?
いえいえ、そんな考えはもう古いのです!
善玉菌だけに注目する時代も終わったかもしれません?!・・・

昨今の考えは、
『ご腸内のみなさん』にいい食事を与えること
・しかも(腸内細菌たちの中で特に注目すべきは)、とりわけその7割強を占める、
日和見細菌たち(善玉にも悪玉にもなりうる)にいい食事を与えることなのです。

というようなぐあいで、とかく『ご腸内のみなさん』のご機嫌が悪くなる、夏のこの蒸し暑い季節にこそ、意識して腸内環境を整えるべきなのです。
つまり、善玉菌だけでなく、日和見菌もご機嫌になる、とっておきの食事(プロバイオティクス)をしっかりと与えてあげることなのです。

腸内環境、かく語りき!>>

 Dr.岡本文責:岡本裕




もう少し詳しいことが知りたい方は、ご遠慮なくお気軽にお問い合わせください。
サプリメント専門スタッフが丁寧にご説明します。
連絡先


「いいものばかり」とは