毒をためない入浴法

・・・湯船で「身心」を完全開放!・・・

「いいものばかり」とは

入浴には、1日の汚れを落とす以外の、非常に重要な意味があります。
ただしそれは、シャワーでは得られない効果です。
Dr.岡本 シャワーだけですませてしまうタイプの人は、交感神経がすでに優位になっているか、今はそうでなくても確実に交感神経は優位に向かいます。
そして、逆もまた真なり、です。1日を終え、ゆっくりと湯船につかり身も心も完全に弛緩させる。身心の開放感も格別で、リラックス効果も抜群です。すると副交換神経が優位になり、睡眠の前段階として非常に理想的な状態になります。入眠がスムーズになるのです。こうした効果は、シャワーでは得られません。
このように、お風呂に入って1日の疲れをいやすというのは、もっとも基本的な温熱療法です

 

Dr.岡本ゆったりとしたバスタイムは、交感神経優位が続きがちな現代人には、とくに必要と言えるでしょう。そもそも日本人は、昔から、どっぷりと湯船につかるのが大好きでした。入浴をシャワーだけですますというのは、とくに日本人にとっては不自然と言えるかもしれません。

また、湯船につかると、温熱効果により末梢血管が拡張し、血流が末梢血管にも行き渡ります。一方、体に水圧がかかることによって、静脈の還流が増え、血の巡りもよくなることは、よく指摘されます。また、浮力効果によって、筋肉や関節の緊張や負荷も少なくなります。そして何より湯船につかることで体温が上がると、さまざまな健康効果がもたらされるのです。

 

一般的に、体内の代謝作用や免疫系がもっともスムーズに機能する体温は36.5度以上とされています。とくに最近、注目されているヒートショックプロテイン(HSP)というたんぱく質は、代謝をスムーズにする強力なヘルパーなのですが、これがもっとも効率的に機能する体温も、やはり36.5度以上とされているのです。近ごろは男女を問わず冷え性や低体温の人が増えているようですが、そういう人には、まずゆったりと湯船につかることをおすすめします。

 


Dr.岡本医学博士・岡本 裕 著 『一生、毒をためない体のつくり方』より抜粋


<関連情報>



『一生、毒をためない体のつくり方』をいいものばかりで検索
「いいものばかり」とは