9割の病気は自分で治せる! "おいしい患者にならないため"の

健康情報サイト

いいものばかりショップのご案内

頼もしいドクター達のご紹介

わくわく!ヘルシーレシピ

セルフ治療

すたっふぶろぐ「つれづれ」

無料メルマガ

e-comment運営者

NPO法人
「21世紀の医療・医学を考える会」

お問い合わせ

作成日:2008/09/14

リスクの自覚


21世紀は自己責任の時代と言われていますが、こと健康に関しても例外ではありません。これからは自分の健康はしっかり自分で守るまさにセルフメディケーションの時代であることを再認識しましょう。
盲目的に、世間のうわさ、流行、そして書店にいならぶ種々の健康法を説く書籍を鵜呑みにしない方が賢明です。なぜならほとんどがいいかげんで無責任だからです。
自分で健康に関する知識を身につけ、自分で判断できるようになるか、もしくは的確な判断ができる医者を身近に持つか、いずれかの選択が必要だと思います。
み なさんの中には、寿命はあらかじめ遺伝的に決まっているものだと思っていらっしゃる方も多いかと思いますが、寿命を左右するのは遺伝の影響がせいぜい 1~2割程度、あとの8~9割は生活習慣をはじめとする生き方の選択に因ることがわかってきています。死因の1位であるがんの原因もそうです(図参照)。 遺伝が原因となるのは5~10%、やはり90%以上は生活習慣や環境などが原因なのです。最近、人の遺伝子解析が完了しましたが、それでも病気の予測や寿 命の予測は不可能ということなのです。つまり遺伝そのものが寿命を決定付けるよりは、生まれたあとの環境や生き方の選択が大きく寿命を決定することを示唆 します。つまり自分の生き方の選択の如何で寿命が長くも短くもなると言うことなのです。いってみれば健康寿命はオーダーメイド、あなた自身に決める権利が あるということなのです。

少しの努力で健康寿命が大きく変わるなら、自分で予防できることは積極的にやってみるべきではないでしょうか。なによりも大切な自分自身のためね、そしてまた自分をとりまく愛する人達のためにも。

もちろん100%病気にならないようにすることは不可能です。しかし、その確率を確実に最小にすることは誰にでもできることなのです。

まずは自分自身のリスクをしっかりと自覚し、そのリスクを重点的に少なくする工夫を行うことが自身の健康寿命を有意に引き伸ばす確実な方法であり、最も効率が高い方法だと思います。
プリンタ用画面
カテゴリートップ
自分のリスクを知る
次
自己治癒力(復元力)を知る
Copyright (c) 2001-2008 e-clinic All Rights Reserved.
本サイトに掲載されている内容の無断転載は、ご遠慮願います。