免疫力を整えるために効果的な栄養素は
ファイトケミカル


 

なぜ今ファイトケミカルなのか

近年、健康に関心の高い方が注目している成分がファイトケミカルです。

 

ファイトケミカルとは植物に含まれる化学成分のことです。

元々野菜や果物にはビタミン、ミネラルといった身体に有効な栄養素が含まれていますが、ファイトケミカルもまた、健康維持に役立つことが知られています。

 

たとえば、赤ワインやコーヒーに含まれることで注目を集めた「ポリフェノール」もファイトケミカルのひとつです。

 

ファイトケミカルは植物中に、苦み、臭み、色素の成分として存在しています。

植物自身が紫外線や害虫から自らを守る防衛能力として作りだした成分なのです。

それがいま、人間の身体を守るのにも役立っているというわけです。

ファイトケミカルの種類

ファイトケミカルはおよそ2万種類あると言われています。

 

代表的なものとしては、

ポリフェノール 赤ワインに含まれる
アントシアニン ブルーベリーに含まれる
カテキン 緑茶に含まれる
サポニン 食物の葉、茎や根のえぐみ
イソフラボン 大豆に含まれる
リコピン トマトやスイカの色素
ルテイン ほうれん草やケールに含まれる

などがあります。

 

その働きは、老化の引き金となる「活性酸素」から身体を守る抗酸化作用、細胞を活性化して免疫力をアップさせる作用、眼精疲労の回復、デトックス効果などさまざまなものがあります。まだまだ未知の力もあり、第7の栄養素として期待されています。

 

例えばブドウの種や皮に含まれるファイトケミカル=プロアントシアニジンには目の健康維持、強い抗酸化作用、老化防止や血管の強化など期待されています。

特にプロアントシアニジンの特長は、ビタミンEの抗酸化力に比べ5倍と言われています。

また善玉コレステロールが悪玉コレステロールに変わるのを防ぐ作用もあり、高脂血症や

動脈硬化予防として代替医療の現場で用いられています

 

柑橘類(特に熟す前の青みかん)の皮や袋、スジなどに多く含まれるへスぺリジンは、毛細血管の強化作用・血流改善作用・血中中性脂肪の低下作用・血中コレステロール改善作用・抗アレルギー作用・リウマチ症状改善作用が報告されています。

 

リコピンはカロテノイドの一種で、トマト・スイカ・リンゴなどに含まれる脂溶性の赤い色素です。

カロテノイド類は、抗酸化力が強いのが特長です。

代表的な物としてαカロテン・βカロテン・ルテイン・リコピンなどです。

その中でもリコピンは、特に抗酸化力が強くβカロテンの2倍・ビタミンEの100倍の抗酸化力と言われています。また美肌効果も最近注目されています。これもリコピンが持つ強い抗酸化力によるものです。

また眼精疲労などに役立つと言われているルテインも抗酸化力ありますが、残念ながら

ルテインだけでは期待するほどの効果は得られないようです。むしろ他のカロテノイド(リコピンやαカロテン・βカロテン)と一緒に摂取されるほうが良いでしょう。

 

カテキンは、主にお茶に含まれるポリフェノールの一種で、お茶に特有の苦渋味成分です。

緑茶中には、エピカテキン・エピガロカテキン・エピカテキンガレート・エピガロカテキンガレートなどの約4種類のカテキンが含まれています。

その中でもエピガロカテキンガレートが一番多く、カテキンの50?60%含まれています。

このエピガロカテキンガレートは、カテキンの中でも特に抗酸化作用が強く広範囲な生理的活性を持っています。

野菜スープで効率よく摂取

ファイトケミカルを効率よく摂取するには野菜スープがおすすめです。

 

野菜を生で食べるよりも、加熱調理によって細胞膜を壊したほうが摂取しやすいからです。作り方は簡単で、数種類の野菜を切って煮るだけでかまいません。

皮や種も捨てずに一緒に煮込むと良いでしょう。特に皮の周辺は栄養価が高いです。

また、野菜はできるだけ自然な環境で育ったものを使いましょう。

さらに無農薬、有機栽培のもので、旬のものが好ましいです。

 

老化防止、アンチエイジングにも効果があります

まとめ

現代の食生活を考えると、野菜に含まれるビタミンやミネラルの微量栄養素は過去に比べかなり少なくなっています。しかも糖質や脂質の摂取が増え、カロリー過多の栄養失調状態になっているのはご存知のことでしょう。さらにストレスや紫外線・放射線・大気汚染などの過剰刺激により身体は、活性酸素の強い影響を受けているのが現状です。

この活性酸素による弊害を少なくするためにファイトケミカルを積極的に摂取しましょう!

参考・引用文献等

「植物ってえらい! 植物ってすごい! ファイトケミカルの話」

茅 原紘(農学博士) 小國 親久(医学博士) 監修 発行 ライフサイエンス研究所

「にんげんは なにで できているの?」
久野マインズタワークリニック院長 久野則一監修 発行 ライフサイエンス研究所

「食品成分表 増補版(五訂増補 日本食品標準成分表 準拠)」
新しい食生活を考える会 編著  発行 (株)大修館書

「日本臨床栄養協会 サプリメントアドバイザー必携 第3版増補」
編集 日本サプリメントアドバイザー認定機構 発行 (株)薬事日報社

「茶の機能 生体機能の新たな可能性」 松村 敬一郎 編 (株)学会出版センター


文責:サプリメントアドバイザー 加藤 晴之

マイベストプロ神戸 ベストヘルスパートナー 加藤 晴之

「カテキンパワーで記憶力アップ」

「身体にイイお茶は、どんなお茶?」

「ブドウの栄養素 ファイトケミカル」

「デトックスに効果的な食材はファイトケミカルを多く含んだ野菜」

コラム:http://mbp-kobe.com/optimal/column/