ファイトケミカル・・・リコピン編

「いいものばかり」とは

前回「免疫力を整えるために効果的な栄養素はファイトケミカル」でファイトケミカルの働きについてお伝えしました。
今回は、そのファイトケミカルのトマトやスイカ、リンゴの皮などに含まれる赤い色素「リコピン」をテーマに致しました。
抗酸化作用が強く、錆ついた身体を若返らせてくれる?美肌効果にも期待?
など注目度がアップしているリコピンの働きについてお伝えします。

リコピンってなぁに?

リコピンはカロテノイドの一種で、トマト・スイカ・リンゴなどに含まれる脂溶性の赤い色素です。

カロテノイド類は、抗酸化力が強いのが特徴です。
代表的な物としてαカロテン・βカロテン・ルテイン・リコピンなどです。
その中でもリコピンは、特に抗酸化力が強くβカロテンの2倍・ビタミンEの100倍の抗酸化力と言われています。
また美肌効果も最近注目されています。これもリコピンが持つ強い抗酸化力によるものです。

抗酸化作用って?

身体では、酸化力の強い酸素「活性酸素」が一定の割合で発生しています。
この活性酸素は組織を錆つかせ、動脈硬化やガンの原因にもなると言われています。
活性酸素の発生原因は、ストレス・喫煙・飲酒・紫外線・食品添加物など様々です。

この活性酸素を消去するのが抗酸化物質。代表的なものはビタミンA・C・Eなどですがリコピンも強い抗酸化力があります。
活性酸素は、常に発生し身体に悪影響を及ぼす事が多いため、リコピンをはじめビタミンなどの栄養素を摂り入れる必要があります。

リコピンは脂溶性

リコピンは、油脂分に溶けた状態で吸収されます。
生のトマトをそのまま食べるよりもサラダにドレッシングをかけた方が吸収率は高まります。
ダイエット中でもリコピンの吸収を考えると油脂分をプラスされる方が良いでしょう。
イタリア人がトマトにモッツアレラチーズと新鮮なオリーブオイルを一杯かけて食べるのは理にかなった食べ方です。

特に地中海沿岸は、紫外線が強いので必須アイテムと言えるでしょう。

リコピンは摂り続けましょう

リコピンは、お母さんの臍帯血(へその緒の血液)や母乳に含まれています。
それで赤ちゃんの体内には、リコピンが存在しています。
ただしリコピンは体内で作り出す事ができませんので、食事から摂取する必要があります。

体内に蓄積できるリコピンの量は、人それぞれ最大量が決まっているようで、一度に大量に摂っても保持することができません。
したがって毎日15mg程度を継続して摂り続ける事が大切です。

トマトサラダやフレッシュトマトジュース、トマトソースたっぷりのスパゲティなど楽しみながら色々な食べ方をしましょう。

リコピンの摂取量

リコピンの摂取量の目安は、一日15〜20mg程度です。
これは大きめのトマト1個のリコピン含有量は、7〜8mg位ですので約2個分となります
フレッシュトマトジュース10mlで1mgのリコピンが摂取できますから、200ml飲めば20mgのリコピンが補えることになります。
以外とフレッシュトマトジュース飲むのが手軽な方法かもしれません。

夏野菜のトマトでは?

トマトは夏野菜ですから身体を冷やす効果があります。
せっかく抗酸化力の強いリコピンを摂取しても身体を冷やしたのでは、元もありません。
しかし、トマトは加熱すると成分が変化して身体を冷やしにくくします。
また加熱することによって、リコピンの吸収が2〜3倍に上がり効率良く摂取できます。

トマトをオリーブオイルで炒めてパスタにしたり、グラタンやスパゲティのソースにしたりバリエーションを楽しみながらリコピンの摂取してください。

紫外線対策にリコピン

紫外線は、肌を老化させると言われています。
それは、紫外線を浴びると皮膚に活性酸素が発生しメラニンという黒い色素を形成します。
このメラニンが皮膚に沈着しシミの原因となります。
また活性酸素は、皮膚の奥にあるコラーゲンなどを分解し皮膚構造を変化させます。
その結果、シワの原因となるのです。

肌の老化を防ぐには、紫外線を浴びないのが一番大切な事ですが、抗酸化力の強いリコピンの摂取も大切です。

おわりに

「免疫力を整えるために効果的な栄養素はファイトケミカル」でも記載しましたが、抗酸化作用を持つ栄養素は協力しあって活性酸素と消去しています。
リコピンには、強い抗酸化作用はありますが他の栄養素が少ないとその作用を発揮できません。
ビタミンやミネラル、リコピン以外のファイトケミカルもしっかり摂取した上、リコピンの抗酸化作用を最大限引き出すような食事やリコピンと他のファイトケミカルを含むマルチビタミンミネラルも大いに活用されて健康的な毎日を過ごしましょう。

参考・引用文献等

「植物ってえらい! 植物ってすごい! ファイトケミカルの話」
茅 原紘(農学博士) 小國 親久(医学博士) 監修 発行 ライフサイエンス研究所

「にんげんは なにで できているの?」
久野マインズタワークリニック院長 久野則一監修 発行 ライフサイエンス研究所

「食品成分表 増補版(五訂増補 日本食品標準成分表 準拠)」
新しい食生活を考える会 編著  発行 (株)大修館書

「日本臨床栄養協会 サプリメントアドバイザー必携 第3版増補」
編集 日本サプリメントアドバイザー認定機構 発行 (株)薬事日報社

[免疫力を整えるために効果的な栄養素はファイトケミカル]


文責:サプリメントアドバイザー 加藤 晴之

マイベストプロ神戸 ベストヘルスパートナー 加藤 晴之

「カテキンパワーで記憶力アップ」

「身体にイイお茶は、どんなお茶?」

「ブドウの栄養素 ファイトケミカル」

「デトックスに効果的な食材はファイトケミカルを多く含んだ野菜」

コラム:http://mbp-kobe.com/optimal/column/


「いいものばかり」とは