9割の病気は自分で治せる! "おいしい患者にならないため"の

健康情報サイト

いいものばかりショップのご案内

頼もしいドクター達のご紹介

わくわく!ヘルシーレシピ

セルフ治療

すたっふぶろぐ「つれづれ」

無料メルマガ

e-comment運営者

NPO法人
「21世紀の医療・医学を考える会」

お問い合わせ

トップ  >  e-食  >  アンチエイジングには抗酸化作用の高いフラボノイド
作成日:2016/10/31

アンチエイジングには抗酸化作用の高いフラボノイド

「いいものばかり」とは

身体を錆びさせる活性酸素


人間は生きていくために呼吸によって酸素を取り入れています。

体内に入った酸素のうち約2%は「活性酸素」になると言われています。活性酸素は体内に侵入したウイルスや細菌に抵抗するという役割を果たす一方で、強いエネルギーによって身体を酸化させてしまいます。


身体の酸化とは、鉄が錆びることに例えられるように、皮膚・臓器・骨などあらゆる組織がダメージを受け、老化を早め、さまざまな病気を引き起こす原因になります。

 

年齢とともに衰える抗酸化力


もともと私たちの身体には活性酸素と戦う「抗酸化力」が備わっています。年齢とともに抗酸化力は衰えていきますが、食べ物で補うことができます。

ビタミン・ミネラル・ポリフェノールなどのファイトケミカルスを意識して摂ることで、日々発生する活性酸素を除去することが可能です。

近年、強い抗酸化作用を持つことで注目を集めているのがフラボノイドです。

フラボノイドはポリフェノールの一種で野菜や果物の色素や苦味の成分です。

抗酸化作用のほかに、抗菌作用、リラックス効果があると言われています。

フラボノイドはさらにフラボン、イソフラボン、カテキン、アントシアニンなど分類にされます。


ブルーベリーなどに含まれるアントシアニンは、眼精疲労の回復に効果があります。

お茶に含まれるカテキンは生活習慣病の予防に役立ちます。

蕎麦に含まれるルテンは血圧を下げる効果があり、タマネギなどに含まれるケルセチンは、アレルギー症状などに効果があります。

大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンの働きを整える効果があります。

青みかんなどの柑橘類に含まれるヘスぺリジンはビタミンCの働きを助け、コラーゲンの生成に役立っています。

 

サプリメントで補うことも可能

また、食品添加物、喫煙、大気汚染、紫外線、ストレスなども活性酸素を発生させやすい要因とされています。

現代社会においては、これらから逃れて生活することは不可能ですが、できるだけ避ける努力をして、バランスの良い食事と、抗酸化作用のある食品を取り入れるようにしましょう。

サプリメントで補うのも有効です。フラボノイドは広くサプリメントに利用されているので、成分をチェックして自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

参考・引用文献等

  • 久野マインズタワークリニック院長 久野則一監修
  • にんげんは なにで できているの? 発行 ライフサイエンス研究所
  • 「食品成分表 増補版(五訂増補 日本食品標準成分表 準拠)」新しい食生活を考える会 編著 発行 (株)大修館書店
  • 「日本臨床栄養協会 サプリメントアドバイザー必携 第3版増補」
  • 編集 日本サプリメントアドバイザー認定機構 発行 (株)薬事日報社
  • 茅原 紘(農学博士)・小國親久(医学博士) 監修 植物ってえらい! 植物ってすごい! 発行 ライフサイエンス研究所

文責:サプリメントアドバイザー 加藤 晴之


「いいものばかり」とは
プリンタ用画面
前
ファイトケミカル・・・クルクミン編
カテゴリートップ
e-食
次
食事について その1
Copyright (c) 2001-2008 e-clinic All Rights Reserved.
本サイトに掲載されている内容の無断転載は、ご遠慮願います。