9割の病気は自分で治せる! "おいしい患者にならないため"の

健康情報サイト

いいものばかりショップのご案内



無料メルマガ

e-comment運営者

NPO法人
「21世紀の医療・医学を考える会」

お問い合わせ

トップ  >  血液検査の見方  >  アーカイブ  >  あなたの『リンパ球比率』や『リンパ球数』・・・知ってますか?
更新日:2018/01/19
ドクターにきく

~ 的を射た血液検査の見方 ~






あなたの、『リンパ球比率』や『リンパ球数』 を知っていますか?

何気なく受けている血液検査でも意外にいろんなことがわかります。
ぜひポイントをおさえて健康アップにご活用いただければと思います。

そして・・・、よかったら人にも教えてあげてください。

実は・・・、「リンパ球比率」は自律神経バランスの目安、「リンパ球数」は免疫力の目安なのです。

「白血球数(WBC)」は必ず血液検査の項目に入っていますので、なじみもあると思います。
「リンパ球比率」は検査項目に入っている場合もあれば入っていない場合もありますが、もし入っていなければ次回からは、「リンパ球比率」も測定項目に入れておいてもらいましょう(「血液像」という検査項目です)。

「リンパ球比率」がわかると、今のあなたの、自律神経バランスを知ることができますし、免疫力の強さも知ることができます。

たとえば・・・、
リンパ球比率(白血球全体の中でリンパ球がしめる割合・・・%)

35~40%・・・自律神経バランスが適正  交感神経と副交感神経のバランスがいい感じです。
35%未満・・・交感神経が優位です。 もう少しリラックスする必要があります。
40%超・・・副交感神経が優位です。 緊張感も少し必要です。

リンパ球数
求め方・・・リンパ球数=白血球数(WBC)×リンパ球比率(Lym)
例  白血球数(WBC)が5000で リンパ球比率(Lym)が40%であれば 、リンパ球数は; 5000 × 0.4(40%)= 2000 となります。

1800以下  少し免疫力が低下しているかもしれません。
1800以上  免疫力OKです。

文責: 岡本 裕



プリンタ用画面
カテゴリートップ
アーカイブ
次
CRP(シー・アール・ピー)、って聞いたことありますか?
Copyright (c) 2001-2008 e-clinic All Rights Reserved.
本サイトに掲載されている内容の無断転載は、ご遠慮願います。