9割の病気は自分で治せる! "おいしい患者にならないため"の

健康情報サイト

いいものばかりショップのご案内



無料メルマガ

e-comment運営者

NPO法人
「21世紀の医療・医学を考える会」

お問い合わせ

トップ  >  血液検査の見方  >  アーカイブ  >  あなたの『インスリン抵抗性』は?
更新日:2018/03/20
ドクターにきく

~ 的を射た血液検査の見方 ~






あなたの『インスリン抵抗性』は?

空腹時の血糖値などは健診などでもよく測定すると思いますが、
40歳を越えた方、あるいは若くても糖尿病家系の方は、
ぜひ『インスリン抵抗性指数』を測定してみることをお勧めします。

『インスリン抵抗性』とは文字通り、インスリンの効きにくさのことで、インスリン抵抗性が高いほど、インスリンが効かないわけですから、血糖値が高くなり、糖尿病になりやすくなると同時に、肥満、高血圧、動脈硬化も促進してしまいます。

実に、『インスリン抵抗性』が高ければ高いほど困ったことなのです。

『インスリン抵抗性』が高いまま放っておくと、高くなった血糖値を下げようと、さらにインスリンが分泌され・・・、
がんを促進したり、老化を早めたりと・・・、いろいろとやっかいなことになり、健康寿命を縮めることになります。

そんな『インスリン抵抗性』ですが、血液検査項目の1つ『インスリン抵抗性指数(HOMA-R)』で、簡単に知ることができます。




基準値(正常値)は
インスリン抵抗性指数(HOMA-R)<1.6
空腹時血糖値(FBS)<100mg/dL
インスリン値(IRI) <2~10μU/mL

ちなみに『インスリン抵抗性』を低くする(改善する)方法は、
ずばり・・・糖質制限食(ケトン食)です。

 

文責: 岡本 裕


プリンタ用画面
前
『HDLコレステロール』値を高める方法
カテゴリートップ
アーカイブ
次
タンパク質は足りてますか?
Copyright (c) 2001-2008 e-clinic All Rights Reserved.
本サイトに掲載されている内容の無断転載は、ご遠慮願います。