よきサポート医を確保する


 専門的な知識はやはり医者に頼らざるを得ませんが、その場合に大切なことは、親身になって一緒に考えてくれる医者を見つけることです。患者さんの主体性を尊重しながらも、共感してくれ、自分自身に置き換えて、本音でアドバイスしてくれる医者がそばにいればとても安心です。
それはいわゆる主治医であってもいいし、そうでなくてもいいと思います。自分が治療の主体とは言え生兵法は危険です。決して自己流に陥ることなく、必ず気の合う医者を見つけてください。