9割の病気は自分で治せる! "おいしい患者にならないため"の

健康情報サイト

いいものばかりショップのご案内



無料メルマガ

e-comment運営者

NPO法人
「21世紀の医療・医学を考える会」

お問い合わせ

トップ  >  血液検査の見方  >  アーカイブ  >  ビタミンD・・・足りていますか?
更新日:2018/06/05
ドクターにきく

~ 的を射た血液検査の見方 ~





ビタミンD・・・足りてますか?

ふつうに食事をして、日光にも当たっていればビタミンD 不足になることはない・・というのが今までの常識でした。

ところが意外に多くの方がビタミンD不足になっている・・・
ということがわかり、欧米ではちょっとした問題になっています。


【テキストBook】栄養保険( Nutrition Insurance ) P7より抜粋

ビタミンDは骨の代謝に必須であることは言うまでもありませんが、
それだけでなく、ビタミンDの血中の濃度と、病気のなりやすさ、病気の治りやすさ、そして健康寿命と、密接に関連していることが、最近明らかになってきました。

つまりビタミンD(実際は「25-ヒドロキシビタミンD」ですが)の血中濃度が高いほど、健康貯金が貯まっているということなのです。

ぜひ「ビタミンD」の血中濃度を測ってみてください!!

基準値:

参考:ビタミンDについて

文責: 岡本 裕


プリンタ用画面
前
タンパク質は足りてますか?
カテゴリートップ
アーカイブ
次
意外にも葉酸不足がまん延しています?!
Copyright (c) 2001-2008 e-clinic All Rights Reserved.
本サイトに掲載されている内容の無断転載は、ご遠慮願います。