健康情報サイト

E-CLINIC ONE 医家向けサプリ

無料メルマガ

e-comment運営者

NPO法人
「21世紀の医療・医学を考える会」

お問い合わせ

トップ  >  今さら栄養学  >  アーカイブ(過去のコラム)  >  作られた食物繊維
更新日:2018/06/21






作られた食物繊維

食物繊維のはたらきは、前回書きましたので今回はその分類について少し・・。

食物繊維には、不溶性の食物繊維と水溶性の食物繊維があり、動物性植物性とに分けられます。更に水溶性には人工的に作られたものもあります。

難消化性デキストリンは、日本人の食生活が欧米化されていく中で食物繊維の重要性が見直され食物繊維が不足するのを補う為につくられ、糖アルコールは単糖を還元し、安定化させたもので構造から食物繊維に分類されています。
消化・吸収されにくいため、低カロリー甘味料として加工食品に使用されています。難消化性デキストリンも糖アルコールも摂り過ぎによる禁忌はありませんが、多量に摂ると下痢を起す可能性があります。
いずれも、日本人の生活習慣の変化から作られた素材です。ただ、便利になった世の中だからこそ、口には入る食材、栄養素(量)にはもっと関心を持って欲しい今日この頃です。

参考:独立行政法人農畜産業振興機構サイト
   栄養学の基本がわかる辞典
健康食品素材情報データベース

>> 過去のコラム


プリンタ用画面
前
いまさら聞けない食物繊維のはたらき
カテゴリートップ
アーカイブ(過去のコラム)
次
消化されないデンプン
Copyright (c) 2001-2008 e-clinic All Rights Reserved.
本サイトに掲載されている内容の無断転載は、ご遠慮願います。