>> 過去のコラム




腸内細菌と宿主のかんけい

腸内細菌の菌数は一般的に日和見菌(能力未知菌)がそのほとんどを占め、次にビフィズス菌、大腸菌、乳酸桿菌、ウェルシュ菌、ブドウ球菌、緑膿菌などが続きます。

菌の数が多いということは共生関係が高いことを示しますが共生関係が高いから有用性が高い(ヒトの健康に寄与する)とは限りません。

健康維持のカギを握るビフィズス菌は有用性のすべての項目に関わる一方、悪玉菌(バランスかく乱菌)の代表でもある大腸菌は有害性や病原性すべてに関わりながらも有用性にも寄与しています。

「腸内フローラと宿主のかかわりあい」仮説

対して有害性、病原性のみに関わるウェルシュ菌、ブドウ球菌、緑膿菌など病原性が高い菌は数が少ない傾向にあり、共生関係は低いですがヒトの健康に与える影響は大きいのです。

こうした腸内環境と健康のかかわりが判って来ている中で自分の腸内細菌を知ることで健康レベルを知ることができ、それに対する対策を講じることも出来るのです。

参考:光岡知足「腸を鍛える」祥伝社新書

>> 過去のコラム