落とし穴に注意


 世間には、わらをもすがるがん患者さんの足元をみて、詐欺まがいの商売をする輩が多くいます。てぐすねひきながら言葉巧みに近寄ってくる不逞の輩にはぜひ注意してください。
もっとも見分けかたはそれほど難しくありません。健康食品も(1ヵ月分)、治療法も(1回の料金)、法外(5万円をこえる)なものはなべて悪徳です。そもそも、がん患者さんを対象に金儲けをしようという発想がいやしすぎます。そんな輩にいい治療手段を提供できるはずはありません。

それでは医者がすべて信用できるかというと、残念ながらそうでもないのです。医者の中にも不逞の輩は存在します。親身になって話を聞かない医者、すぐに高価な健康食品を奨める医者、派手で羽振りのいい医者は避けたほうが無難です。良心的な医者は基本的には地味なのです。
また資質の上でも避けたほうがいい医者を挙げておきます。威圧的な態度をとる医者、3大療法を否定する医者、中医などの3大療法以外を否定する医者は、いずれも視野が狭くて勉強不足という点では避けたほうが無難でしょう。