9割の病気は自分で治せる! "おいしい患者にならないため"の

健康情報サイト

いいものばかりショップのご案内



無料メルマガ

e-comment運営者

NPO法人
「21世紀の医療・医学を考える会」

お問い合わせ

トップ  >  今さら栄養学  >  アーカイブ(過去のコラム)  >  熱中症①「熱中症とその対策」
更新日:2019/07/08






熱中症①「熱中症とその対策」

熱中症が起こりやすい時期は、最高気温が高くなる暑い夏だけに起こるものと思われがちですが、実は梅雨の晴れ間や、梅雨明けの蒸し暑くなった時期にも熱中症が多くみられます。

この時期はまだ暑さに慣れていないため体が上手に汗をかくことができず、うまく体温調節ができませんが、徐々に身体が暑さに慣れていきます。これを暑熱順化といいます。

熱中症は、高温多湿な環境に、私たちの身体が適応できないことで生じる様々な症状の総称です。熱中症を予防するために、まずは正しく理解することです。

《熱中症を引き起こす3つの要因》
熱中症が引き起こされる条件には、
①「環境」
②「からだ」
③「行動」
これらの要因が考えられます。


「環境」の要因は、気温が高い、湿度が高い、風が弱い、日差しがきつい、閉めきった屋内、エアコンのない部屋、急に暑くなったなどの要因があります。

「からだ」の要因は、高齢者や乳幼児、肥満の方、二日酔いや寝不足など体調不良、低栄養状態などから熱中症を引き起こす可能性があります。

そして激しい労働や運動、長時間の屋外労働、水分が補給できない状況など「行動」が要因で起こることもあります。

これら3つの要因から体のバランスが崩れ、体内で上手く調整が出来ず、体温が上昇し、体内に熱が溜まって熱中症を引き起こします。



《熱中症の症状とその対策》
【Ⅰ度】
①めまいや立ちくらみ、顔がほてるなどの症状が出たら、熱中症の初期症状。
※一時的に意識が遠のいたり、腹痛などの症状が出ることもあります。
②筋肉痛やピクピクする筋肉のけいれんなど。
③汗のかきかたに異常がある場合も、熱中症にかかっている危険性があります。

(対策)
・涼しい場所に避難
・衣服をゆるめ、体を冷ます
・水分・塩分を補給

【Ⅱ度】
④体温が高くて皮膚を触るととても熱い、皮膚が赤く乾いている症状など。
⑤体がぐったりし、力が入らなかったり、吐き気やおう吐など。
※頭痛を伴う場合もあります。

(対策)
・涼しい場所に避難
・衣服をゆるめ、体を冷ます
・水分・塩分を補給
・足を高くして休む(横になる)
・自分で摂れなければ、すぐに病院へ!

【Ⅲ度】
⑥声をかけても反応しなかったり、おかしな返答をする。または、体がガクガクとひきつけを起こしたり、まっすぐ歩けないなどの異常があるときは、重度の熱中症を引き起こしています。すぐに医療機関で受診しましょう。
⑦呼びかけに反応しない、自分で上手に水分補給ができない場合は大変危険な状態です。このような状態の時もすぐに医療機関で受診しましょう。

(対策)
・氷や水で冷ます(首・脇の下・足の付け根など)
すぐに救急隊を要請!


文責:サプリメントアドバイザー 加藤 晴之  

参考:
独立行政法人農畜産業振興機構 
環境省 熱中症予防 情報サイト
環境省 熱中症予防 声かけプロジェクト
厚生労働省 熱中症予防のために

>> 過去のコラム

 

 

 


 

プリンタ用画面
前
食中毒に負けない体と対策
カテゴリートップ
アーカイブ(過去のコラム)
次
熱中症②「熱中症を防ぐために(予防)」
Copyright (c) 2001-2008 e-clinic All Rights Reserved.
本サイトに掲載されている内容の無断転載は、ご遠慮願います。