4. 便秘にはくれぐれも気をつけよう



便秘そのものが格別悪いということではありません。
しかし便秘が起こる食生活は好ましくありません。常習的に便秘があるということは、消化、吸収、排泄のプロセスが円滑でないということの指標になりますので、それが問題です。また、ストレスが原因で便秘が常習化する場合も多々ありますので、そのあたりの留意も必要です。
つまり便秘は腸内環境を測る1つの大きなバロメーターであるということなのです。

また、体重チェックは、非常に簡単にチェックできますが、あまり気にしていない方が多いのも現状です。栄養とカロリーのバランスを欠いた食事をしばらく続 けていますとどうしても体重が増えてきます。すこしくらいの体重の増減はそれほど問題ではありませんが、食生活のズレが問題となります。傷が浅いうちに食 生活を修正するには、体重チェックは格好です。

ただし、あまりBMI(ボディー・マス・インデックス)の値や標準体重にこだわりすぎなくてもいいと思います。すこし高い目の値のほうが、実は長生きをすることがわかっています。(下図参照) 男性で言うと170cmの身長で67kg~75kg、女性で言えば160cmで50~61kgが長寿体重となるのですが、少しぽっちゃりしているとは思いませんか。

また、体重チェックのついでに体脂肪もぜひチェックしておいてください。いうまでもなく、栄養とカロリーのバランスをみることができます。


<BMI値と死亡率との関係>







出所:厚労省研究班による多目的コホート研究ホームページ
http://epi.ncc.go.jp/jphc/