食の見直し・・・タンパク質は本当に足りているの?


タンパク質の摂取量
厚労省は「日本人の食事摂取基準(2020年版)」では、一日に必要なタンパク質の推奨量は、18歳~65歳まで 男性:65g 女性:50g となっています。
※66歳以上の男性は60gとなっております。

グラフでは、足りてはいますが・・・、意外に不足している人が多いのではと危惧しています。
・・・ちなみに、患者さんたちの血液検査結果(アルブミン値やヘモグロビンの値)と食生活をつぶさに見直してみた結果、食にこだわりを持たずに、ふつうに生活をしている方たちはタンパク質が意外に摂れていないことがわかりました。逆に、タンパク質が足りている人は、多くが、糖質や脂質(特に動物性脂肪やオメガ6)も摂りすぎになっているようです。
ダイエットや健康のために糖質制限をすると、穀類の摂取量ががくんと低下しますので、あわせてタンパク質の摂取量も低下してしまいます。・・・なぜなら、僕たちは約20%のタンパク質を穀類から摂っているから・・・(下図)。

僕自身、タンパク質不足だけは縁がないと思っていましたが、念のため自分の1日の食事を見直してみると やはり? 意外に? タンパク質があまり摂れていないことに驚きました。・・・となればけっこう多くの方がタンパク質不足ではないかと、そんなふうに思っています。

※プロテイン(タンパク質)を10g摂るための目安量

文責:eクリニックスタッフ医師 岡本 裕

  

ではどうすればいいの?
栄養保険をかけておく!!

『eクリニック』へメンバー登録して一緒に学んでいきましょう。

 

 

関連記事:ケトン食をはじめましょう
>> eクリニックSHOP『ソイプロテイン』