9割の病気は自分で治せる! "おいしい患者にならないため"の

健康情報サイト

いいものばかりショップのご案内



無料メルマガ

e-comment運営者

NPO法人
「21世紀の医療・医学を考える会」

お問い合わせ

作成日:2009/02/12

7. ついでにツボ刺激!



全身には360あまりのツボがあるとされています。その中でも、頭のツボ(経穴)の1つである「百会」(下図参照)は中心的なツボです。この「百会」(下図参照)とその周囲の「四神聡」を刺激すれば「気」が高まるといわれています。この2者を刺激すれば自律神経のバランスが是正されるとして最近にわかに脚光を浴びています。実際には、モルヒネ同様の鎮痛、鎮静効果のあるエンドルフィンというホルモンが分泌され、副交感神経が優位になり、リンパ球数が増え、自己治癒力が高まります。
ちなみにマラソンなどで長時間走り続けると気分が高揚してくる作用、いわゆる「ランナーズハイ」は、エンドルフィンの分泌によると言われていますし、性行為でも、その一種の「β-エンドルフィン」が分泌されるとされています。




方法
「百会」「四神聡」(「爪の生え際」)をシャープペンシルの先(芯は除いて)、
爪楊枝の先などで、痛み刺激を加える。
場所
(ツボ)

「百会」
頭のてっぺんです。
左右の耳の一番高いところを結んだ線と正中線の交わるところ。

「四神聡
百会の前後左右1寸のツボ
(1寸とはおよそ親指の幅です。)

※「爪の生え際」
爪もみの際、揉む箇所と同じ (参照⇒

回数

1セット(各ツボ一箇所につき数回づつ) / 1日に数セット

注意
刺激する際には、皮膚を傷つけない程度にしてください。

    
プリンタ用画面
前
6. 気がついたら時々爪モミを
カテゴリートップ
自己治癒力を高める14の方法(セルフ治療)
次
8. 温冷浴を習慣にしよう
Copyright (c) 2001-2008 e-clinic All Rights Reserved.
本サイトに掲載されている内容の無断転載は、ご遠慮願います。