9. 血流をよくする「ふくらはぎマッサージ」



ふくらはぎは第2の心臓といわれているように、大量の血液が常時たまった状態になっています。
しかも、ふくらはぎは常に体の下側にありますので、たいていの場合、流れが滞りがちになっています。
女性にみられる冷え性なども、下肢、特にふくらはぎにたまった血液の戻りが悪くなっているためなのです。
このたまった、大量の血液をマッサージによって心臓に戻してやると、さらに全身の血流がスムーズになるのです。
この方法もいたって簡単で、1日に10-20分、アキレス腱のあたりから、膝に向かってゆっくりとマッサージすると効果的です。
ふくらはぎの筋肉がほぐれる風呂上りがいいかもしれません。



ふくらはぎマッサージのやり方


ふくらはぎをアキレス腱から膝に向かって、両手の親指を重ねるようにして、押しながら、ゆっくりマッサージします。
1. ふくらはぎの筋肉の内側を矢印の方向へ
2. ふくらはぎの筋肉の真ん中を矢印の方向へ
3. ふくらはぎの筋肉の外側を矢印の方向へ
4. アキレス腱を下から上へつまむようにしながら、よく揉んでください。

※楽な姿勢で自分がやりやすい方法で、マッサージしてください。