9割の病気は自分で治せる! "おいしい患者にならないため"の

健康情報サイト

いいものばかりショップのご案内



無料メルマガ

e-comment運営者

NPO法人
「21世紀の医療・医学を考える会」

お問い合わせ

トップ  >  e-サプリ  >  サプリメントについて  >  エンザミン  >  エンザミン
作成日:2012/08/11

エンザミン


エンザミンとは


エンザミンは、特に選び抜かれた納豆菌類を長年にわたり研究改良し、6ヶ月以上の発酵熟成期間を経て得られた納豆菌類発酵代謝エキスです。長期熟成するこ とにより、菌が産生したさまざまな低分子ペプチド、多糖類、その他菌体生産物質が低分子化され、吸収され易いようになっています。

(開発者)
元京都大学医学部
赤澤一三博士




エンザミン分子量分布



80%以上 ⇒ 分子量500以下!

※参考分子量
酵素:数千~数百万
タンパク質:1万~数百万、ペプチド:1000~数万、アミノ酸:数十~数百

NEW TOPICS  !


●イギリス学術誌、「Journal of Thrombosis and Thrombolysis」 にて、ENMの血栓溶解効果が論文掲載。(右図)
※2011年1月

●ICoFF 2011(International Conference on Food Factors 2011) にて、近畿大学医学部 名誉教授 松尾理先生がENMの血栓溶解効果を学会発表。 
※2011年11月


健康で長生き


※厚生労働省資料より
主な死因別死亡数の割合(平成21年) 厚生労働省


日本3大死因は、1位癌、2位心疾患、3位脳疾患ですが、1位のがんを部位別に分けると、実は第5位以下に。
圧倒的に心疾患/脳疾患で亡くなるひとが多いのです。

血栓が原因


エンザミンが血栓溶解酵素(t‐PA)を活性化



●エンザミンはt‐PAを増強させ、血管内皮細胞にあるプラスミノーゲンを血栓溶解酵素プラスミンへ変換。
●プラスミンは拘束された血栓を溶解します。

t‐PA投与治療は世界中で行われています


<関連情報>
エンザミンの線溶活性亢進効果
プリンタ用画面
カテゴリートップ
エンザミン
次
エンザミンの線溶活性亢進効果
Copyright (c) 2001-2008 e-clinic All Rights Reserved.
本サイトに掲載されている内容の無断転載は、ご遠慮願います。