新しい形のオメガ3


より吸収されやすく、より安全に



オメガ3とオメガ6は、交感神経と副交感神経との関係のように、互いに作用が拮抗していて、細胞内のシグナル伝達系に作用し体内の調整を司っています。
オメガ3系も6系もいずれも必須ですが、肝心なのは両者の比率(バランス:オメガ3/オメガ6)です。がん患者さんもそうですが、現在人の多くはこの比率がアンバランスになっていて、相対的にオメガ3不足になっています。したがって、オメガ3系を積極的に摂取することが必要ですし、自己治癒力を高めることにつながります。(詳しくはオメガ3の特徴参照)


オキアミ由来のオメガ3


南極オキアミ種のナンキョクオキアミ(Euphausia superba)から抽出されるオメガ3オイル。
リン脂質結合型のEPAやDHAを豊富に含んでおり、従来の魚油由来のオメガ3(トリグリセライド型)に比べて吸収性が高く、天然抗酸化物質であるアスタキサンチンも豊富に含んでいます。


南極オキアミについて


オキアミは南極の水中に巨大な群れを成して浮遊している動物性プランクトンの無脊椎動物で、オメガ3脂肪酸を生成する微細藻類を餌としていることで、オキアミの体内には脂肪酸が豊富に蓄積され、それを直接抽出したものがオキアミ油です。
この微細藻類は、アスタキサンチンの源であり、油を酸化から守る天然の防腐剤です。
南極周辺の自然な海洋にのみ生息しており、また、食物連鎖の底辺に位置しており、汚染物質の蓄積もありません。


リン脂質結合型オメガ3脂肪酸


従来のトリグリセリド結合型オメガ3脂肪酸よりも酸化しにくく、水溶性のため、生体利用率が高い (体内での吸収効率が非常に高い)のも特徴です。
少ない量で、従来のオメガ3と同じ効果が期待でき、少ない量で良いから一日摂取量も従来より少なくてすみます。


アスタキサンチン (astaxanthin, astaxanthine)


β-カロテンやリコピンなどと同じくカロテノイドの一種で、キサントフィル類に分類されます。
自然界に広く分布しており、甲殻類の殻やそれらを餌とするマダイの体表、またサケ科魚類の筋肉の赤色部分などに見られます。
高い抗酸化作用を持ち、紫外線や脂質過酸化反応から生体を防御する因子として働いていると考えられています。また、アスタキサンチンは光障害から目を保護します。




「いいものばかり」とは