ベースサプリメントとは?

「いいものばかり」とは

元気で長生きを目指すには、ベースのサプリメントは摂ったほうが有利!


従来から、「栄養はすべて食事から摂るべきだ」という考えがあります。
本来はそうあるべきだと私たちも考えます。
しかしこれから述べる2つの理由のため、現実的には非常に難しいというのが現状です。これは、今の日本を生きる私たちには知っておく必要があると思います。

1つめの理由は・・・
野菜などに含まれている栄養素の含量が昔にくらべて数分の1くらいに減ってしまっていることです。したがって食事からすべての栄養をまかなおうとすれば、たとえば野菜なら毎日1kg以上は摂る必要があります。これはなかなか至難の業です。

もう1つの理由は・・・
推奨量の目安そのものが時代遅れなのです。それはどう言うことか?厚生労働省が定める推奨量は、あくまでも私たちが生き延びていくために最低限必要とされる量なのです。しかし今の私たちはただただ生き延びるだけでなく、むしろ元気で長生きをめざして生きています。そのためには推奨量よりももっと多くの栄養が必要です。これを適正量といいますが、実は推奨量とは大きな開きがあります。

上記2つの理由により、サプリメント(特にベースサプリメント)はぜひ摂っておくべきだと私は考えています。欧米などではオプティマルヘルスを目指すという考えがあります。オプティマルヘルスとは最適の健康度という意味で、つまり、ただ辛うじて生きていくだけではなく、常に最適の健康度を保ちながら元気で太く長く生きていきましょうという考えなのです。
そのために必要な栄養素の量の目安が適正量ということになるわけです。


今の私たちが栄養失調のカロリー過多
先に述べた2つの大きな理由の他にも、今の日本人は、野菜や果物の摂取量が少なくなったのはもちろん、魚や発酵食の摂取量も少なくなったことも私たちの栄養不足につながっています。そのかわりに、加工食や外食が増えために、糖質や脂質の摂取が非常に増え、カロリーオーバーとなっています。
つまり、今の日本人はなべて栄養失調のカロリー過多と言っていいと思います。というような現在の食環境を考えますと、やはり、マルチビタミン(ミネラルやファイトケミカルが含まれていることが不可欠)、必須脂肪酸、プロバイオティクス、つまりベースのサプリメントは現代の必須アイテムだと私たちは考えています。



以上を要約しますと・・・
「100%理想的な食生活であってもベースサプリは不可欠」

なぜなら・・・
・・・などが理由として挙げられます。




ベースサプリメントとは


栄養を補う目的で摂取するサプリメント・・これをベースサプリメントと言います。
具体的には、以下の3つを指します。


栄養素は私たちの体の健全性(健康度)を高く保つために不可欠な物質であり、その栄養素が不足しますと、未病→病気と進行していき、元気で長生きを目指す私たちの妨げとなります。

栄養とは、具体的にはマルチビタミン(ミネラルやファイトケミカルも含む)、必須脂肪酸(オメガ3)、プロバイオティクス(プレバイオティクス)などで、どれもこれも、私たちが食べ慣れ、私たちの体も馴染のあるものです。

私たちはふだん、ビタミン、ミネラル、ファイトケミカルなどは、野菜、果物、キノコ類、タネ類、海藻などから、必須脂肪酸は魚などから、プロバイオティクスはお漬物などの発酵食から摂っていますが、その摂取量の低下と、含有量の低下とがあいまって、栄養不足気味になっているのが現状です。
特に今の日本人には、ナイアシンとビタミンA、B1、B2、B6、C、E、ファイトケミカル、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、マンガン、銅、必須脂肪酸(オメガ3)・・・などが不足がちだと言われています。

そのため、ベースサプリメントをうまく活用して栄養を補っておくのも生活の智慧だと私たちは考えています。




<関連情報>

ベースサプリメントをいいものばかりで検索
「いいものばかり」とは