みなさんは「マイクロバイオーム」をご存知ですか?



人体には、自身の細胞の10倍にも及ぶ膨大な数の細菌が住んでいます。彼らは単に私たちの体に寄生しているのではなく、ちゃんと私たち自身の細胞とネットワークを作っているんです。つまり双方向にやりとりをしていることがわかってきたのです。そしてこのネットワークのことを「マイクロバイオーム」と呼ばれているんです。

腸内にも100種類100~300兆個ほどの細菌が住んでいると言われていますが(腸内細菌)私たちの健康に有用な役割を果たしていることがわかってきました。この細菌たちは、消化吸収を助けてくれたり、私たちが自分で作る事ができない栄養素を作ってくれたり(たとえばB2、B12、葉酸など)、健康を維持する免疫反応をコントロールしてくれたりしています。

また、この細菌たちは、私たちの神経系と相互作用しうる化合物を作り出していることも明らかになってきました。つまり私たちの気分や感情、そしておそらくはパーソナリティ(人格)までを微妙に変えているらしいことがわかってきました。腸内細菌たちが脳での遺伝子発現を変え、記憶と学習に関係する重要な脳領域の発達を左右しているらしいことも判明。いくつかのタイプの抑うつ状態を治療するのに、プロバイオティクが有効らしいことが、初期段階の臨床試験からも示唆されています。

ところが残念なことに、昨今のストレスフルなライフスタイル、あるいは抗生物質の使用によって、こうした有用な細菌たちが減る傾向にあります。その結果、さまざまな病気、自己免疫疾患や肥満、そしてうつやがんなどが増加している可能性も指摘されています。