9割の病気は自分で治せる! "おいしい患者にならないため"の

健康情報サイト

いいものばかりショップのご案内



無料メルマガ

e-comment運営者

NPO法人
「21世紀の医療・医学を考える会」

お問い合わせ

作成日:2010/05/22

薬をやめるとすれば

岡本 裕


1. 離脱症状が問題だが?
2. 中止して具合が悪くなる薬などほとんどない
3. だましだまし、ぼちぼち減らしていく
4. 4週間ルール

 だましだまし、ぼちぼち減らしていく


ちなみに、僕ならどう考え、どうするか? 
いやどうしてきたか?

あくまでも私見となりますが・・・、薬の離脱の仕方は、
「だましだまし、ぼちぼち減らしていく」
それ以上でもそれ以下でもありませんし、
その他に何とも言いようもありません。
これが僕の結論です。

ちょっと物足りませんか?

ではこんな答えならどうでしょう?

「薬は1週間ごとに1/10ずつ減らしながら、
症状(変化)を注意深く見ていけばいい。
何もなければ次の1週間で1/10量を減らし、
万が一症状が悪化すれば、
また元に戻したりしながら、
少しずつ薬を減らしていくのです」
・・・という趣旨のことが、とある成書には書いてあった記憶がありますが、
小さな錠剤やカプセルをどうやって1/10量を減らすんだと、
思わずつっこんでしまいたくなるやら、爆笑したくなるやら・・・・
その程度のものです。

で、僕が実際に行ってきたことを、参考までに冒頭でも述べてきましたし、
今からもすこし述べていきます。

僕の場合は、幸か不幸か、行きがかり上、
薬の離脱に関しては数多く経験してきていますので、
少しは参考になるかと思いますが、何事も例外がありますので、
そのあたりは斟酌いただかなければいけません。

先にお年寄りにおける薬信仰との格闘について、
体験談を中心にお話させていただきましたが、
もうすこし若い人たちにも、実は薬信仰は根付いているのです。

お年寄りの場合については、老人ホームの体験談をまじえ、
降圧剤、便秘薬、睡眠薬などについて、
実際にどうやって薬の離脱を行っているかを簡単に述べてみました。  

もっとも、お年寄りの場合、
多くは降圧剤、便秘薬、
睡眠薬(これはすこしやっかいな場合もありますが)、
鎮痛剤、糖尿病治療薬(2型)、
脂肪異常症治療薬
・・・などがほとんどですので、比較的離脱は容易なのです。
プリンタ用画面
前
中止して具合が悪くなる薬などほとんどない
カテゴリートップ
薬をやめるとすれば
次
4週間ルール
Copyright (c) 2001-2008 e-clinic All Rights Reserved.
本サイトに掲載されている内容の無断転載は、ご遠慮願います。