9割の病気は自分で治せる! "おいしい患者にならないため"の

健康情報サイト

いいものばかりショップのご案内

頼もしいドクター達のご紹介

わくわく!ヘルシーレシピ

セルフ治療

すたっふぶろぐ「つれづれ」

無料メルマガ

e-comment運営者

NPO法人
「21世紀の医療・医学を考える会」

お問い合わせ

トップ  >  e情報  >  気功・ヨガ  >  京都気功学院

京都気功学院

 

NPO「代替医療気功療法研究所」が主宰する気功教室は20年来、地道に活動を続け、着実に結果を出しています。あまりオープンな教室ではないのですが、多くの方々が毎週集まり、気の鍛錬をされています。

中国の伝統医学では、“気”に二種類あるとされています。
一つは「元気」で母体からさずけられ、生命は、この「元気」を源にしています。もう一つは「真気」で「元気」の基礎の上に、気の鍛練を経て、酸素、万有引 力、地磁場などの作用を借り、本人が形成するもので「内気」とも呼ばれています。この「真気」は、心の活動を通じて(つまり、大脳の働きを通じて)、血 管、神経、経絡をめぐり、体内に巣くった病を治し、あるいは病を 未然に防ぐのであります。

 「外気」とは、「真気」が体内に充溢すると体外にあふれ出る。
 これが外気であります。
 さまざまな科学実験から、この外気は、一種の物質であることが確認されつつありますが、目にみえない物質であることは確かです。

中国の伝統医学では「人体の気が塞がれば病を生じ、気が滞りなく流れれば病は治る」としています。ほかでもなく気功は、「塞がった気」を「とどこおりなく 流れる」ようにして、病を治すのであります。「真気」を養うことによって治す‘自己気功療法‘と「外気」を及ぼして治す‘治療‘の二通りあります。

気功学院中央教室では、自己気功療法の気功教室と並行して、外気治療が必要な人には施術も行っております。

ぜひ「気」の鍛練によって、現代病を克服する「気功法」を一緒にしましょう。

NPO「代替医療気功療法研究所
理事長     丸山 利雄
副理事長     小島 倶子


プリンタ用画面
カテゴリートップ
気功・ヨガ
次
ヨガ 難波志穂先生
Copyright (c) 2001-2008 e-clinic All Rights Reserved.
本サイトに掲載されている内容の無断転載は、ご遠慮願います。