>> レシピ一覧

【夏至】 旬の食材は「モロヘイヤ」
活性酸素の働きを抑える効果があるβカロテンはほうれん草の2倍以上!
ビタミンE、ビタミンCを多く含み、夏を乗り切る食材です!

材料

(3人分)

  • モロヘイヤ … 1束
  • 長芋 … 5cm位
  • えのきだけ … 1/4束
  • 梅干し … 2~3個(酸味により調節)
  • 醤油 … 小さじ1~2

栄養成分

(1人分)

カロリー 37.0 kcal
塩分 2.7 g
タンパク質 2.7 g
脂質 0.3 g
食物繊維 2.6 g
糖質 4.8 g

作り方

  • モロヘイヤは葉の部分を、塩少々入れた熱湯でさっと茹で、水にさらしざるにあげて軽く絞ってから細かく切る。
  • 山芋は1㎝角に切り、ビニール袋にいれ軽くすりこ木棒等でつぶす。えのきだけは4等分に切り、ラップをかけて電子レンジでチンする。
  • 梅干しは種を除き細かく刻み、1と2の具材を併せて和える。
  • 醤油で味を調える。器に盛り付け出来上がり!!

メモ

 

  • モロヘイヤは「王家の野菜」と呼ばれ、ビタミンやミネラル、食物繊維など多くの栄養素が含まれています。旬のこの時期、是非食しましょう!!
  • 今回はモロヘイヤの葉の部分を使いました。茎も食べることができますが…根元寄りの茎は固いので穂先半分位までがお勧めです!
  • 家庭菜園でモロヘイヤを栽培されている方は、実の部分に毒性が含まれてますので注意が必要です。(お店で売られているモロヘイヤは問題ありません)

レシピ作成: 前田直子

eクリニックメンバーサイトから数点を選んでローテーションしています。

Follow me!