>> レシピ一覧

eクリニックメンバーサイトから数点を選んでローテーションしています。

【小寒】 旬の食材は「かぶ(蕪)」
「かぶ」を使った胃腸にやさしいスープです!

材料

(4人分)

  • かぶ … 100 g
  • 玉ねぎ … 100 g
  • じゃがいも … 50 g
  • 昆布 … 5 g
  • 水 … 500 cc
  • 生カシューナッツ … 10~15 g
  • 塩 … 2~3 g(お好みで)
  • かぶの葉 … 飾り用に少々

栄養成分

(1人分)

カロリー47.0 kcal
塩分0.6 g
タンパク質1.8 g
脂質1.9 g
食物繊維1.7 g
糖質4.9 g

作り方

  • 昆布を浸けた水を、そのまま昆布ごと火にかけ、10分くらいかけて中火以下でゆっくりと出汁を取り、昆布を取り出す。
  • 玉ねぎ、ジャガイモは皮をむいて、3センチ角に切る。かぶは皮ごと3センチ角に切る。
  • 2の具材を蒸し器で柔らかくなるまで蒸す。(約8分)
  • 冷めた、出汁と蒸した野菜、そのほかのもの全て、ミキサーにかける。(ちいさいミキサーなら、2回にわける。ミキサーが回らないときは、少し水を足しながら、様子をみる。)
  • 鍋に戻して、焦げないようにかき混ぜながら温めて、器に注ぐ。
  • 飾りにかぶの葉をのせると出来上がり~。

メモ

  • かぶは胃腸を温め、冷えが原因の腹痛を抑える食品として知られています。
  • かぶの根はアクが少ないため、和・洋どちらでもおいしく食べられます。
  • かぶの葉は緑黄色野菜に分類され、こちらも栄養豊富ですので、他のお料理にも是非ご活用ください。
  • 昆布の代わりに、干し椎茸を一晩浸した水でもOK。またカシューナッツはクルミでも代用可。

レシピ作成: 角ちなみ / 監修: 管理栄養士 小島京子

Follow me!